世界の神様はケルトの神で、天皇天神である事が、判り、日本の天皇と一致、夏王朝の天神七代越王無予により、越最後の王、八尾丑王(ウガヤ三男神武)が平山だった事が判った

 

    

                          

                 

                                       

                                                                                                                             空風鈴!天 

                                                              



夏后姓は姒 天皇開祖

「日本の歴史と中国の歴史の架け橋」 日本の歴史は中国の歴史越王無予から、皇紀二千六百七十四年続いている、 中国の歴史は日本の歴史なくしては、なかった、事になる、夏后と神々祭祀中国の民族の原点は、夏后少康(しょうこう)と神々から、始まって、今も民族は続いている、 日本民族も、今から二千百年前に、武夷より、至る。
姓は姒とい姓は姒 夏后少康(しょうこう)の子孫也。

武夷より、至る王ことウガヤ尊は、 
夏后姓は姒と神々祭祀鬼神を、夜須松延で 、おはじめられ、日本全国の神゛神々のの総本宮、となり、京より移りし、佐久間信栄の男が、慶長三年に、再創建されたのが、児島宮です。

児島宮教学部、発足 します

            

                    大覚大僧正  

児島高徳とは実在、岡山の大覚大僧正の事、1313年正和2年)京都布教中の日像説法に共感し、大覚寺の地位を捨てて弟子となった。1342年康永元年)妙顕寺2世となった。1358年延文3年)後光厳天皇の命により、雨乞いの祈祷を行い効験が現れた。この功績により、日蓮に大菩薩の号、日朗に菩薩の号、日像に菩薩の号を賜わり、大覚は大僧正に任じられた。岡山の地に初めて日蓮の教えを伝えたのが大覚妙実だいかくみょうじつであった。

大覚は幼いころ出家し、はじめは真言宗の僧であったが、京都で日像
にちじつ説法を聞いて、その弟子となり、日像から妙実の名前を与えられた。

天皇の秘められた、中国夏王朝の天神七代、越国開祖の無予王が神の名を名乗り、越国が、越祭祀を、行ったと、いわれ、ウガヤ尊によって、日本が開国、世界に神の国祭祀が、行われたのが、天皇の呼び名が、越王裔が、天皇社の、所縁となっている事が、三年前確実と、なった。日本全土の神祭祀は、越王裔が、行うとあり、変り果てた、神祭祀は神とは、言えない事が、ようやく、判り、日本の世が、正しく行うよう、みことのりが、下りました。
ここに、今の世は、すっかり、神祭祀は、行われていなく相撲のあり方にも、神祭祀とは、関係無い、ものと、なっています。このままでは、越王裔が天皇社の磐余にも、されては、おらず、国の根幹が、危ぶまれている。越王裔が、児島宮であることは、不動で、何人たりとも、代わる事は、出来ないでしょう。

 
天皇の秘められた、中国夏王朝の天神七代、越国開祖の無予王が神の名を名乗り、越国が、越祭祀を、行ったと、いわれ、ウガヤ尊によって、日本が開国、世界に神の国祭祀が、行われたのが、天皇の呼び名が、越王裔が、天皇社の、所縁となっている事が、三年前確実と、なった。日本全土の神祭祀は、越王裔が、行うとあり、変り果てた、神祭祀は神とは、言えない事が、ようやく、判り、日本の世が、正しく行うよう、みことのりが、下りました。
                     

      安の里公園前川右上る徒歩二分


 

 

奈良県磯城郡田原本町の唐古・鍵(からこ・かぎ)遺跡は神武天皇の宮殿だったと、 2015/12/13 発表しました。

他にも農耕用具や唐枕が一致、こちらもご覧く奈良県磯城郡田原本町の唐古・鍵(からこ・かぎ)遺跡は神武天皇の宮殿の瓦当て、と、ウガヤ尊丑王の、浙江省武夷宮の瓦当てが一致しさらに、屏山站挖出土の瓦当   紀元前2200年前から2100年前の治城の越王無渚 、が一致し、唐古・鍵遺跡は、神武天皇の宮殿だったと、児島宮が 発表しました。ださい

  
屏山站挖出土の瓦当   紀元前2200年前から2100年前の治城の越王無渚    

   日本の古刹出土の瓦当 唐古鍵か

      

  雲は皇室専用瓦当模様 
唐古・鍵遺跡の出土した土器に描かれていた多層式の楼閣と、鍵遺跡の出土の瓦当に見える、越国治城の皇室の瓦と同じだった。
                                 

  

糸を撚る紡錘車は朝倉郡筑前町一帯から出土していた部品と同じ時期がわかる。
唐古・鍵ムラの渡来系が、どこから、なぜやって来たのか?それは、夜須と農具が同じ事で一致している。夜須と農具の惣利木製工房で発祥が確認できる。


神武天皇の宮殿の解説

唐古・鍵遺跡の出土した土器に描かれていた多層式の楼閣の屋根に見える、雲の屋根隅は、浙江省中国福建-城村?城?址や、地鉄屏山站挖出土の瓦当と同じ、皇室専用瓦当模様である。
2015/12/13日に、日本の古刹の瓦当、を児島宮家は手にしていました。日本の瓦の発祥は、朝鮮半島から五世紀後半の、百済から、瓦職人が伝えたのが奈良の寺院の丸瓦当の菊の花模様と、言われていたので、五世紀前半は日本には瓦当は、なかったと、なっている。が、全国教育委員会文化財課報告書、による、誤った情報が流されていた。

日本の根底が見落とされていたのは、五世紀前半は日本には磁器須恵器、瓦当は、以前には、なかったと、なっている。

これが決めて、浙江省中国福建-城村武夷城遺址や、地下鉄平山駅、屏山站挖出土の瓦当と同じ、皇室専用瓦当模様である。
この模様は、いずれも夏王朝の天神七代の越王無予の裔の越王勾践の裔の無渚の、治城の丸瓦の瓦当が、皇室専用瓦当模様である。児島宮の先祖にあたる、越王勾践、児島高徳も、取り上げて、いたことから、すぐに
皇室専用瓦当模様雲に気づいた。

武夷君,又稱武夷王武夷顯道真君中國福建武夷山山神、鄉土神。武夷山因此神而得名。古時,凡福建人,入武夷山之前多半會先向武夷君祭禱。浙江省博物館の瓦当

中国福建省武夷山市城村汉城遗址东南侧的闽越王城博物馆藏品——瓦钉和带瓦当筒瓦

 

見落としていた、日本の根底が奈良に、あった事は、神武東征でも、奈良にあることは、知られていたが、その以前の、地は、漢の武帝のとき、以降の事になる。

これを知るには?二十年前に、児島宮考古学研究室  が発行した、卑弥呼二世紀の女王、が夜須に来たときに、筑紫城はいずこに?と、筑紫を巡回したことは、知られていて、因の地名が夜須には残っている。
ここ夜須は、卑弥呼の住まいの奈良、唐古・鍵遺跡である事も、確認できた。

ここに児島宮知らずに、奈良は一致しないだろう。
又ウガヤ尊の平山と、その先、地下鉄、平山駅、屏山も、一致している。敏達、舒明天皇も平山祖、ゆかりの平山駅、屏山治城である。インターネットの、ていばん、相合 と同じで、ウエブと、合うか、合わないか?結びのインターネット、児島宮考古学研究室  が発行した、『卑弥呼は邪馬台国の王ではなかった』と、『豊葦原国から邪馬台国夜須へ』にも載せているので、ご覧ください。あなたは?児島宮神々と、結ぶか、結ばないか?単純が判らないと、日本人には、なっていない?伏義と女媧

間の価値?か人間ではないか?結びのインターネット、児島宮考古学研究室
何も信じられない、のは、今の大半? 児島宮児島宮 世の中は貝合わせと同じです。インチキを信じると?何も無し

人間の尊厳とは、植民地では無い、世界に二つ、日本とトルコだけ、人間から鬼を追い出すという、世界には類がない、日本独特の神との請け合い 


 


         
 
 
                     
 トップページ    児島宮もくじ 

  天神末裔児島社

 天皇由来福建省屏山平山    夏礼」とは  日本最古の都   日本の由    
    

 

    絵馬     境内       児島宮地図   佐久間不干斎夫婦掛軸    児島宮メールkojimamiyaate@gmail.com      古代歌天楽調曲    天皇有識故実

   
   宮廷密参 l    宮廷密参秘琺    斎天の儀式    神楽舞四神     児島舞兎歩    菊紋天帝の紋章  子衿」と「売炭翁

 

                    

                  

 神農本草経       豊穣の神

   オガム 感謝 礼

 信心    清いというのは 魔物とりつかれ払いのる    児島宮乾為天

                                   

      
    神うるう人間に

inserted by FC2 system